スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インコの幸せ

ブログで知り合いになったくみげ。さん

昨日くみげ。さんはお世話になっているフォーゲル動物病院、上田亜希子先生が講師として参加している
『第7回TSUBASAシンポジウム』に参加し、その時の事を記事にして下さっていました。

この記事を読んでとても勉強になり、心に響いたので
今回くみげ。さんに頼みこちらでも紹介させていただきます

詳しくはくみげ。さんのブログに掲載されていますが
私がとても勉強になったのはこの部分です

『死なないような環境(例えば温度管理をされたインキュベーターの中とか)で飼って長生きさせることが、
鳥さんたちにとっての幸せではない。
人間と暮らしている鳥さん達は、野生の鳥を捕獲してきたわけでなく、人間と暮らすコンパニオンバードとして繁殖された鳥さんで、人間に愛される為に生まれてきたのだから、鳥さん達が楽しく幸せに暮らせるように努力するべき。
鳥さんは人との対等な関係を望むので、鳥さんと同じ目線になって接するのがよい。
ストレスが全て悪ではなく、適度なストレス(日光浴や外出など)はよい刺激になる。』

講演内容の一部を紹介して下さいました。
そして、くみげ。さんが感じたことですが、私も同じように思いました。

人間と暮らす鳥さん達は、大空を自由に飛んだり出来ないけれど、そんな自由を奪った分、別の幸せをたくさん感じられるように人間が頑張らなくてはいけませんね。
鳥さんがそばにいてくれるだけで、一緒に暮らす人間は幸せを感じますが、鳥さんが幸せでいてくれるなら、こんなうれしいことはないですよね。

感じ方は人それぞれかと思います。
でも、ペットを飼う上で大切なのは人間が自己満足の領域に入らず
ペット自身の事を考えてあげる事が大切なんだなと再確認させられたような気がします。

くみげ。さん、ありがとうございます

そして、この記事を読んで少しでも何か感じていただけたらって思います

090606_114850.jpg


P.S リュウタ農園ですが、小松菜がこんなに育ってきました

090616_213334.jpg

ワッサワサ生えてきて今は先端だけみるとかいわれ大根みたいですよ

そうそう、ネギ担当大臣の持ち場にもようやく芽が出てきました





ランキングに参加しています。 リュウタの応援クリックをお願いします

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

(*^o^*)

こんばんは(^^)

mokoさんのブログはいつも勉強になります。


そうですよね!
野生のトリを捕獲したわけじゃないんですよね。
わたしたちといっしょに暮らすために生まれてきたんだぁ…

なんか、じーんときました。

わたし、対等に接してないかも…


なんかなんか、早く明日の朝、ポポちゃんの顔見たくなってきました。

明日からよりいっそういっしょに楽しく過ごせたらいいな(o^∀^o)

こんばんは

うん、そうですよね。本当にそう思います。
以前、鳥の本をたくさん書いていらっしゃる磯崎先生も同じような
お話をされていたことがありました。
野生の鳥さんと違って、人間とともに暮らすコンパニオンバードなの
だから…と。
私も「大空の下の方が幸せなのかな?」と昔は考えたりしましたが、
今は違った考え方をできるようになりました。
でも、鳥さんにとっての幸せを考える、って、簡単なようで難しい…。
会話ができればいいんでしょうけど、そうではないから、こちらがよく
観察して、察してあげないといけないですよね。
そして、人間には人間の生活があるので、なかなかできないことも
あるし…。私なんて特にそうですもん。
でも、できる限りのことはしよう!と頑張ってます^^
せっかく縁があってうちに来てくれたんだから、一緒に幸せに暮らし
ていきたいですもんね。

リュウタくんはmokoさんのところで幸せいっぱいだね(^-^)
私もすじ・トリジを連れて、mokoさんの所に居候しちゃおうかなっ!?(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは☆

mokoさん、私の拙い記事を取り上げて下さってありがとうございます。

磯崎先生のお話は、テーマが発表になった時からすごく楽しみにしていました。
「幸せに生きること≠死なないこと」

どんなことが鳥さんの幸せなのかについての考え方は人それぞれだと思いますが、鳥さんを愛する人なら誰もが、鳥さんが幸せでいてくれることを願うはずですよね…。

いつも私たちに幸せと癒しを与えてくれる鳥さん達に、楽しみや喜びをたくさん感じてもらって、しっかり恩返ししていきたいですね(*^^*)

勉強になりました!

私はいつも、考えていました、鳥さんはどのように飼えば幸せなのかな?と、本当は、自由に大空を羽ばたいていた方が幸せなんだろうな~?

人間のエゴで、狭い鳥かごに入れられて・・・と罪悪感を持ってましたが、この子たちは、長年、人間によって繁殖され、人間との付き合いが長い鳥さんたちなので、鳥かごの中にいても、さほど苦にならないのかもしれませんね? もちろん個体差もあるでしょうけど。

とてもいいお話を聞かせてもらいましたi-185

こんにちは

『ペットを飼う上で大切なのは人間が自己満足の領域に入らず
ペット自身の事を考えてあげる事』
なんかギクッとしました・・・
自己満足の領域に入ってないと言ったら嘘になります・・・
私は可愛いからとあれやこれや買って与えていますけど
そんな時間?労力?を使うぐらいなら他にしてあげることありますよね。
なんだか警告を受けた感じがします。
mokoさん、ありがとうございます。

お勉強になりました!

ワンちゃんと違い鳥さんは人間と対等なんだな~とつくづくインコーズを飼って思います。
ワンちゃんは飼い主に服従ですが、インコさん(トリさん)は友達、パートナー感覚で接してくるので、ある意味そこに引かれるところがあります。
ホント、お互いに幸せになれる生活、環境づくりを考えてやらないとだめですネ!
私にはまだまだ、不満いっぱいだと思いますよ。
「仕方ないおいらがここに飼われたのだから辛抱するか!」ぐらいに思っているのではないでしょうか?(笑)
リュウタ農園は楽しみになってきましたネ!
人間様も十分に食べれる状態になるのでは? ^^

No title

こんにちわ*

実は、先日そらの検診に行ったのが、フォーゲルさんだったんです。診察室で、先生を待っているとき、上田先生の書かれた記事や、『幸せなこと≠死なないこと』の言葉が目に留まり、ふと、いろいろ考えさせられました。

今mokoさんの記事を読んで、また深く考えさせられました。
そらの幸せってなんだろう・・・。そらは幸せかな・・・*


改めて考える機会をくださったmokoさん、くみげさん、本当にありがとうございました。

No title

「ペットを飼う上で大切なのは人間が自己満足の領域に入らず
ペット自身の事を考えてあげる事が大切」
とても考えさせられることばですね。
  
そうそう、家にある本「幸せなインコの育て方・暮らし方 : 磯崎哲也・著」の中にこんなことが書いてあります。
コンパニオンバードは人間をパートナー、あるいは仲間と認識しているインコで、自分ことを人間と同じように考えている。
(途中省略…)
愛情を注げば間違いなく愛情で返してくれる。
1羽飼いであっても、いつまでも愛情を保ち続けてさえいれば、それを幸せと感じてくれる。
 
ぴのを見ていると、「自分のこと鳥だと思ってないでしょ?」とツッコミたくなるときがあります。
1羽飼いなので、よけいにかもしれませんが…

友達に勧められてブログを初めていなければ、何も知らない・考えないままだったと思います。
きっかけをくれた友達と、ブログで知り合ったみなさんに感謝です。

No title

すご~く心に響きました!
人間の子育てもそうなんですけど
過保護は本当に良くないし
かといって全く放任するのも良くないので
そのバランスを上手く取ってあげるのが重要なんですよね。
鳥さんと同じ目線・・・
今までも意識はしていたつもりでしたが
改めて考えさせられました。ありがとうございます(^^)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆかぷりんさん☆

コメントありがとうございますe-266
今回は私もとっても勉強になった記事だったんです。
心に響きますよね。
私もくみげ。さんの記事を会社で読み
早くリュウタに会いたいって思いましたもんe-446
お互い、楽しく過ごしましょうね☆

すじ母さん☆

コメントありがとうございますe-266
私の言葉足らずだったんですがこちらの講演は
磯崎先生の講演なんですよ…。

私もすじ母さんと同じように、大空で暮らすことが
インコの幸せっていうのもまた違うような気がします。
インコの幸せえを考えるのって本当に大変で答えはありませんが、
すじ母さんの愛情は私にはとっても伝わってきますよ☆

うんうん、出来る限りのことをしてあげて
これからも一緒に生活していけたらって私も思います。

くみげ。さん☆

コメントありがとうございますe-266
今回はくみげ。さんのおかげで本当に勉強になりました。
先程もコメントさせていただきましたが
磯崎先生の本も注文しちゃったし☆
またその本を読んで勉強しようと思います。
そのキッカケを作ってくれたくみげ。さんに感謝、感謝ですe-446
これからもどうぞ宜しくお願いします☆

ハゲママさん☆

コメントありがとうございますe-266
私も今回本当に勉強になりました☆
とても心に響きました。

私自身、インコが大空を飛んでいるほうが幸せ…とは
また違うとは思うんですが、インコの幸せを考えると
何が正しいか答えはありませんよね。
人それそれだし☆
だから私は出来る限りのことはリュウタにしてあげようって思っています。

なっこさん☆

コメントありがとうございますe-266
私も今回とても勉強になり心に響きました。
私自身もえらそうに書いていますが
正直、自己満足な部分だってあると思います。
だから、なっこさんがしてあげている事だって
幸せの1つだと思いますよ☆

インコの幸せに答えなんてないんですよね。
幸せはインコ自身が決めることだし。
う~ん、深い。
私が今出来る限りのことをしてあげればって思います☆

ヒデシャンさん☆

コメントありがとうございますe-266
私も今回とても勉強になり、心に響きました。
ヒデシャンさんのコメントはいつも的確なお答えが
かえってくるので勉強になります。
確かにインコちゃんは対等ですよね☆
自分は人間って感じですもんね。
私もえらそうなこと言っていますがリュウタが幸せかの答えはありません。だからお互いが幸せになれる環境作りが大切ですよね☆

リュウタ農園、ジャンジャン育ってきていますよ!

マーチンさん☆

コメントありがとうございますe-266
マーチンさんもくみげ。さんと同じ病院なんですね。
今回のこの講演は磯崎先生の講演なんです。
説明足らずですいません。

私も今回とても勉強になり心に響きました。
私もリュウタが幸せかどうかは分かりません。
インコが今幸せかに答えはありませんよね。
だから、自分が出来る限りのことをしてあげることが
一番大切なんだって思います☆

れおんさん☆

コメントありがとうございますe-266
れおんさん、今回の講演は磯崎先生の講演だったんですよ。
私の説明足らずですみません。

今日会社から帰る途中にれおんさんのコメントを見て
私も磯崎先生の本が欲しくなり本屋さんに行きました。
あいにく在庫切れだったので注文してきました。
この本を読むきっかけを作ってくれたれおんさんに感謝です☆

私も今回とても勉強になり、心に響きました。
そして、ブログを始めていなかったら知ることもなかった事が
いっぱいです。
れおんさんをはじめ、みなさんに感謝、感謝です☆

ヨッシーさん☆

コメントありがとうございますe-266
私も今回とても勉強になり、心に響きました。
鳥さんと同じ目線で…今まで気が付いていたようで
気が付いていなかったような気がします。
改めて考えさせられるようなことばかりでした。

子育ても同じなんですね。
ヨッシーさんは息子さんの子育てでも色々感じているんですね。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

moko

Author:moko
13年間を過ごしたリュウタが虹の橋を渡りました。

今ではジュジュ、ヴェルをお迎えし新しい生活が始まりました。
このブログではジュジュヴェルとの生活、リュウタから学んだセキセイインコの飼い方を紹介していきたいと思います。
鳥好きの方、一緒にお話しませんか☆

リュウタは私に幸せを運んできてきてくれた青い鳥です。

そして、新しく家族になった
パピヨン・シェルとの生活も紹介していきます。

メンバー紹介
      おデ~ブちゃんな男の子『ジュジュ』(2010年4月15日お迎え) 070102_233728_convert_20110209095435.jpg       男の子より全然強い女の子『ヴェル』 (2010年4月15日お迎え) 070104_013506_convert_20110209095921.jpg       ゆずぽんこと『ゆず』まだまだハゲちょびんが残る女の子(2010年7月7日お迎え ぽんずと兄弟) 070103_213035_convert_20110209101149.jpg      お空から迷いこんできた男の子『きーちゃん』                 (2010年10月14日お迎え) 1103_convert_20110209095019.jpg       里親募集で出逢ったパピヨン・男の子『シェル』 (2010年5月30日お迎え) シェルはフランス語で空。 シェルの笑顔が空のようにいつまでも続きますように。 091122_121300_convert_20100618155733.jpg       お庭でリュウタを見守ってくれている女の子『ハナ』(2009年11月23日お迎え) 090521_085147_convert_20110209100549.jpg       青空を見ると思い出すよ。 いつも心に『リュウタ』 (2010年2月25日 虹の橋へ) 13年間一緒に過ごしてくれてありがとう。 大好きな大好きなリュウタ。 966_convert_20110209100439.jpg      ゆずぽんこと『ぽんず』(2011年1月7日 虹の橋へ ゆずと兄弟)      たった6ヵ月の小さな命だったけど存在はとても大きかった。うちに来てくれてありがとう。         大好きな大好きなぽんちゃん。
最新記事
最新コメント
365カレンダー
いつでも里親募集中
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
関連ワード
スポンサー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。