スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋のお話

明日2月25日はリュウタが虹の橋を渡り1年になります。

あの時の光景は今でもはっきり覚えています。

最後の力で力強く羽を広げたリュウタの姿は絶対に忘れません。

この1年間は家族を迎えたりと新しい生活を送っていましたが
明日だけはやっぱり特別な日。

「虹の橋」のお話を知っていますか?

リュウタが旅立ってから改めて読むと
今までの事が一瞬にしてよみがえってきて
涙が止まらなくなります。

大切な家族と過ごしている「今」、何気ない「今」がすごく大切な時間。

あたりまえの幸せを感じて、今を大切に過ごしてくださいね


第一部  虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


第二部  虹の橋にて

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。



第三部  雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。

2009052113073242b_20110224101918.jpg

明日は1月7日に虹の橋を渡ったぽんちゃんのちょうど四十九日でもあります。

リュウタのような青い空が広がる一日になりますように。

青空を見ると思いだすよ。
いつも心に『リュウタ



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

来ちゃいましたね・・・

とうとう一周忌の日が来てしまいましたね。虹の橋私も読みました。いつまでも悲しむばかりではいけない事、きっとあちらで幸せである事、考えさせられました。今日は、クーの写真廻りきれいに拭いて、餌とお水飾って出てきましたよ~i-274

No title

お話を読んで、涙がこぼれました。

今日はぽんたろうが我が家の一員になった日。
日々過ごせることの幸せを感じています。

私の胸にもたくさんの宝物をプレゼントしてくれた
大切な友だちがたくさんいます。
きっと虹の橋から見守ってくれているんでしょうね。

そう思うと、毎日がもっと愛おしいように思います。
mokoさんの上には
いつもリュウタくんの青空がいつもあるんですね。

No title

mokoさんおはよう 元気?
今日の静岡は、リュウタ色が広がってます。mokoさんの家からも見えますか?
この1年リュウタがいない寂しさもあったけれどリュウタの代わりにたくさんの家族が増えmokoさんを守っていますね。
きっとリュウタは、虹の橋を渡りmokoさんの幸せを喜んでいるよ。

もしかして今日は、この青空を思い切り飛んでいるでしょうね?
きっと私も今日は何回も空を見上げる事が多いかも?

No title

ごめん名前忘れましたが、ぽかぽかようきでした~。
また静岡にきてね。
インコちゃんはもちろんだけれどご主人がいてのmokoさんだからご主人を大事にね。

No title

虹の橋のお話は何度読んでも涙が出て来てしまいます
今回はリュウタちゃんのことが頭に浮かんでしまって・・・。
あ、めそめそしてたらダメですよね
今頃、リュウタ君はぽんちゃんや他のたくさんのお友達と一緒に
元気いっぱいに明るく飛び回っているんですもの^^
今日のこちらの空は午前中は真っ青なリュウタ君色で
とっても気持ちのいいお天気でしたよ♪

No title

リュウタ君の一周忌の今日は、リュウタ君色の青空が広がりましたね♪
やっぱりリュウタ君は晴れ男だったんだね~(^v^)
ぽんちゃんの四十九日と重なったというのも
なんだか不思議な感じ。
きっとリュウタ君と一緒に仲良くお空から見守ってくれているでしょうね。
虹の橋のお話、久しぶりに読みましたが
何度読んでもウルッときちゃいます。
そしてこれを読むたび
全ての動物達の幸せを願わずにはいられなくなります。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私が、始めてこのブログと出会ったあの日・・・・
リョウタ君の1日が更新されていました。
りょうたくんは、とても可愛くてときにはやんちゃで・・・・
私も、涙が出ました。。。今・・・この今がどれだけ幸せなのか・・・

No title

素敵な詩のご紹介をありがとうございます。

肉体を失っても、
彼らを思い、感じればハートが温かくなり。。。
離れていても、いつでもハートとハートで繋がっているのだと思います。
沢山の仲間にかこまれて愛を感じることが出来るmokoさん、とても素敵です^^

yokoさん☆

コメントありがとうございますe-266
お返事遅くなりごめんなさい。
虹の橋のお話を読んで元気をもらえ
前向きに過ごすことが出来ました☆
何年たってもきっとリュウタの命日は
特別な日になると思います。

クーちゃん、リュウタと一緒に遊んであげてね☆

ユカリさん☆

コメントありがとうございますe-266
お返事が遅くなりごめんなさい。
私はこの虹の橋のお話と出会い
何気なく過ごしている毎日が一番大切だと気付きました。
そして、いつも見守っていてくれること
いつか必ず会える、そう信じることが出来ました☆

遅くなっちゃったけど、ぽんたろうくんの
お迎え記念日おめでとうございます☆

ぽかぽかようきさん☆

コメントありがとうございますe-266
お返事が遅くなりごめんなさい。
リュウタが旅立ち1年。
あの日一緒にお庭にかえしてくれてありがとう。
あれから1年、色々なことがあった。
とっても幸せな1年を過ごすことが出来たのは
ぽかぽかようきさんや、まわりにいる大切な人達が
支えてくれたからだよ☆ ありがとう。

さすがリュウタと思ったのは
命日は春のような暖かさと青空が広がる天気だった☆
これからも青空を見たら思い出してあげてね。

オーコさん☆

コメントありがとうございますe-266
お返事が遅くなりごめんなさい。
さすがリュウタ、命日は青空が広がる一日でした。
リュウタをこうやって思ってくれることが
とても嬉しく感じます。
旅立って寂しいことって、人の心から
どんどん忘れられてしまう事だと思うから。
また青空を見たらリュウタを思い出してあげてくださいね☆

ヨッシーさん☆

コメントありがとうございますe-266
お返事が遅くなりごめんなさい。
命日はリュウタ色の青い空が広がり
春を感じるとても暖かい一日でした☆
さすがリュウタ(笑)
ぽんちゃんと四十九日が重なったのも
不思議な感じですよね。
きっと今頃一緒に空を飛んでいるかな☆

また青い空をみたらリュウタを思い出してくださいね。

虹の橋のお話、私はこのお話を読んで
前向きに過ごすことができました。
みんな幸せに過ごせることを心の底から願いたいです☆

管理人のみのコメントさん☆

とても素敵なお言葉をいただきありがとうございますe-266
心が温まりましたのでこちらにお返事させていただきます☆
リュウタの命日には青空が広がり
春を感じる暖かい一日になりました。
私もリュウタが旅立ったあとは新しい命をお迎えする気持ちには
なりませんでした。
でも、ある日突然お迎えする気持ちになりました。
また一つの命を守りたい、守らなくちゃって思ったんです。
今では4羽の大切な命を守っています。
そして心にはいつもリュウタ☆

また新しい家族をお迎えして幸せな毎日を過ごせる事を
願っています。

亜衣子さん☆

コメントありがとうございますe-266
リュウタを思い出してくれてありがとうございます☆
私もリュウタに教えてもらったことがいっぱいあります。
インコはとても小さな小さな生き物ですが
人に教えてくれるものって本当にたくさんあります。
亜衣子さんも今を大切に過ごしてくださいね☆

ゴジッポのツレさん☆

コメントありがとうございますe-266
私はこのお話を読んで前向きに過ごせ
新しい家族を迎えることができました☆
インコは小さな小さな生き物だけど
感情も表情もあり人に与えてくれるものは
とても大きなものです☆

今は虹の橋にいるリュウタですが
いつも私の心にいます☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

moko

Author:moko
13年間を過ごしたリュウタが虹の橋を渡りました。

今ではジュジュ、ヴェルをお迎えし新しい生活が始まりました。
このブログではジュジュヴェルとの生活、リュウタから学んだセキセイインコの飼い方を紹介していきたいと思います。
鳥好きの方、一緒にお話しませんか☆

リュウタは私に幸せを運んできてきてくれた青い鳥です。

そして、新しく家族になった
パピヨン・シェルとの生活も紹介していきます。

メンバー紹介
      おデ~ブちゃんな男の子『ジュジュ』(2010年4月15日お迎え) 070102_233728_convert_20110209095435.jpg       男の子より全然強い女の子『ヴェル』 (2010年4月15日お迎え) 070104_013506_convert_20110209095921.jpg       ゆずぽんこと『ゆず』まだまだハゲちょびんが残る女の子(2010年7月7日お迎え ぽんずと兄弟) 070103_213035_convert_20110209101149.jpg      お空から迷いこんできた男の子『きーちゃん』                 (2010年10月14日お迎え) 1103_convert_20110209095019.jpg       里親募集で出逢ったパピヨン・男の子『シェル』 (2010年5月30日お迎え) シェルはフランス語で空。 シェルの笑顔が空のようにいつまでも続きますように。 091122_121300_convert_20100618155733.jpg       お庭でリュウタを見守ってくれている女の子『ハナ』(2009年11月23日お迎え) 090521_085147_convert_20110209100549.jpg       青空を見ると思い出すよ。 いつも心に『リュウタ』 (2010年2月25日 虹の橋へ) 13年間一緒に過ごしてくれてありがとう。 大好きな大好きなリュウタ。 966_convert_20110209100439.jpg      ゆずぽんこと『ぽんず』(2011年1月7日 虹の橋へ ゆずと兄弟)      たった6ヵ月の小さな命だったけど存在はとても大きかった。うちに来てくれてありがとう。         大好きな大好きなぽんちゃん。
最新記事
最新コメント
365カレンダー
いつでも里親募集中
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
関連ワード
スポンサー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。