スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の重さ☆

今日はリュウタとは関係のない事なんですが、こんな記事を見ました

インコちゃんの敵 『猫ちゃん』のお話なんですが、嬉しくもあり悲しくもあるお話に
胸を打たれ記事にさせていただきました


東京都江戸川区で、衰弱して車道をふらついていた1匹の老猫が保護された。

両目を失明していたが、住民らは動物病院の手配や引き取り手探しに奔走。殺処分を免れる“命のリレー”がつながり、千葉県の女性宅で余生を送ることになった。

12日午前。西葛西の船堀街道沿いにある配管修理会社の男性社員は、窓外のアメリカンショートヘアに気づいた。疾走してきたトラックが危ないところで急停車。運転手は猫を抱き、歩道沿いの公園に移した。

猫がまた車道へ出ようとしたので、男性の同僚が事務所内に猫を入れた。

毛はよれよれで、やせこけていた。餌をやると「すごい勢いで食べた」という。
動物愛護協会や、都環境衛生課の動物管理係に電話。近所の「犬猫病院」は休診日だったが、頼み込んで診てもらった。都は「江戸川区南部地区ペットクラブ連絡会」の会長に連絡。会内の愛猫家グループ「ネコの会」の代表が病院に足を運んだ。

10歳以上のメスで、両目は視神経の炎症で最近失明していたことが判明。レントゲン検査で左の肋骨(ろっこつ)5本に骨折跡が見つかった。院長は「体のやわらかい猫が5本も骨折するのは不自然。虐待の疑いもある」と話す。

引き取り手がないと殺処分される。「何とか飼い主になってくれませんか」。代表が翌13日、千葉県柏市の愛猫仲間に頼むと、快諾してくれた。

トラック運転手、配管会社員、獣医師、都職員、愛猫家。
「誰か1人でもいなかったら、猫の命は助からなかった」と話す。

老猫は「ネコの会」がしばらく預かり、22日午後、引き渡された。
「せっかく助かった命。最期まで幸せに暮らしてほしい」と話している。



私は生まれた時からずっと動物のいる生活をしてきました
父親ゆずりの動物好きだった私の小さい頃の夢は『獣医』でした。
その夢は現実にはなりませんでしたが動物を愛する気持ちに変わりはありません

動物も大切な命を持っています。

人間も動物も同じ重みの大切な命です。

助けられた猫ちゃんも、リュウタも、み?んなこんな笑顔に
なれたら幸せって思っています

DVC00132.jpg

『ねっ、リュウタ?

090208_104032.jpg

『ムム、俺様もそう思う


この記事を読んで何か感じてくれたら嬉しいです



ランキングに参加しているのでクリックして下さい

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

うんうん…

本当にそうですよね。
人間も猫さんも犬さんも鳥さんも、命あるものに差なんてないですよね。
しゃべることのできない動物たちは、特にその限りある命を幸せに安らかに
過ごしてもらいたい…と心から思います。

↓リュウタくんはいくつになってもパワフル!バンド姿かっこいい~(・∀・)
一番前の席で応援したいな♪

心にぐっとくるお話、ありがとうございました。

そうですよね…。
現代はペットブームで、たくさんの人が動物を飼いながらも、面倒が見れなければ捨て、動物の子どもができてしまって捨て…。さらには高く売りたいがために、子どもを作らせ、売れなければ捨て…、処分されているたくさんの動物がいるニュースをよく目にする中、一匹の猫を、私たちと同じ命と重くとらえ、大切にしてくれたということは本当に希望ですね!!

そうやってたくさんの人が、動物を人と同じように、愛し、敬い、人も動物もみんなが幸せになればいいですね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

猫ちゃんがホントに笑顔になってる?!

我が家で飼ってた犬も猫もすべて野良さん。
犬は家に勝手に入ってきて居ついちゃったし、猫はパンを買いに行った私の後をついてきて、車のドアを開けたら私より先に乗ってしまって・・・
動物に好かれるのなぁ。懐かれると放っておけないのよね~
でも、猫さんは最後家出しちゃいました。
なんで???

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ほんとそうですよね!
命の重さは人間も動物も生あるものは全てにおいて一緒。
殺処分される犬猫が多いという今の現状も
本当に悲しいし辛い事実ですよね。
写真の猫ちゃんのようにいつの日か
全ての動物達がニッコリ笑って
幸せな生活を送ってくれる日が来てくれるといいなと
心から思います。

No title

家のロッコも元は保護犬で保健所に居た子なんです。
なのでもしかするとロッコは殺処分になっていたのかもしれない・・そう思うだけで涙が止まらなくなります。
動物達って私達にものすごい愛をくれますよね~(^^)
私も同じように返したいけれど・・伝わってるのかな??って思うこともあったり・・。
全ては命があってこそのことですもんね!!
mokoさんのおっしゃるとおり、皆、み~~~んな笑顔になれると良いですよね♪(^^)

No title

私も老猫の記事みました!
優しい人にお迎えしてもらってホントよかったなーっと思いました。
1匹の猫ちゃんのために周りがここまで動いたことがなんか嬉しかったです。
このりゅうたくんの上の猫ちゃん^^
笑ってる~。かわいいー♪
すごいいい笑顔ですねー。
癒されました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

満面笑顔のにゃんこさん!
私も昔、捨て猫だったにゃんたと暮らしていました。
捨てにゃんこさんが多いのは、去勢をしないから、という事も
あるかと思います。可哀想と思うかもですが、去勢しなかったら
捨てにゃんこさんはどんどん増える。
考える事はとても多いけれど・・・。

命あるものと暮らすのであれば、その命の重さをしっかりと
受け止めなきゃいけないですよね。

でも去勢する時はやっぱり辛かったわ・・・。

こんばんは。私も子供の頃、よく捨猫を拾ってきました。両親は猫が嫌いなので、結局、また捨てに行くのですが子供達も猫派なので、猫をみると寄っていきます。今も好きですが、そらがいますからね動物を虐待する人の気持ちがわからないです そらは水道水でも大丈夫でした。ご心配をおかけしました

すじ母さん☆

コメントありがとうございますe-266
そうですよね、動物はしゃべる事が出来ないから
人間が守ってあげなくちゃいけない立場ですよねe-420
心の底からみんなが幸せになってもらいたいって願います☆

ぜひ、リュウタを一番前で応援してください~e-78ムム

今日が色々とありがとうございましたe-68e-266
楽しみにしていますe-446

マーチンさん☆

コメントありがとうございますe-266
私自身がこの記事を読んでとても心打たれました。
ここに来る人達はみんな動物好きで心優しい人達ばかりですe-446
世の中がもっと優しくなってもらえたらって思いを込めてみましたe-420
マーチンさんの言うとおり、たくさんの人が、動物を人と同じように、愛し、敬い、人も動物もみんなが幸せになればいいですよねe-266

tomtanmamaさん☆

コメントありがとうございますe-266
ママさんはきっと動物に好かれるオーラを持っているんですよ~e-343
素敵な事だと思いますよ☆
私も実家に帰ったら犬を飼おうと思っているんですが
彼曰く、保健所の犬を引き取ると言っています。
一匹でも命が救えたらって思っていますe-420
私の夢?は静岡のムツゴロウになることですe-446←なつかし~e-348

私は猫を飼ったことがないのでわからないのですが
猫は結構自由なんですよねv-283
きっとママさんの優しさには感謝していると思いますよe-446

ヨッシーさん☆

コメントありがとうございますe-266
私達が動物を可愛がっているからこそ
他の動物にも幸せになってもらいたいって心から感じますe-420
写真の猫ちゃんのようにみんなが幸せな笑顔になる日が
来てくれたらって本当に思いますよねe-446
私はこの写真が大好きなんですよ☆
見ていると幸せな気持ちになりますよねe-420

きなこもちさん☆

コメントありがとうございますe-328
ロッコちゃんは幸せな飼い主さんに恵まれて本当に幸せですねe-446
きなこもちさんの愛は充分伝わってると思いますよe-328

私も実家に帰ったら犬を飼おうと思っているんですが
保健所から引き取ろうと決めています☆
だから、きなこもちさんのブログにはとっても興味を持って
見させていただいていますe-420
まだもう少し先の話ですが、その時には色々アドバイスをくださいe-266

もっちゃんママさん☆

コメントありがとうございますe-266
ね~この猫ちゃんの顔癒されますよね~e-446
前まで私の携帯の待ち受けで
開ける度に心が安らいでいましたe-266
今ではリュウタに変わっていますがe-420

記事の猫ちゃんは飼い主さんが見つかって本当に良かったですよね☆
今までの分いっぱい幸せになってほしいと願いますe-266

ほ~せんさん☆

コメントありがとうございますe-266
ほ~せんさんも昔は猫ちゃん飼っていたんですね☆
そっか~、去勢しないと可愛そうな子が増える一方だけど
することも彼らにとっても、こちらにとっても厳しい現実ですよね。
私は猫を飼った事がないのでまだまだ知識不足ですが
難しい問題がたくさんの現実だと痛感しています。

動物の命の重さを人間はもっと自覚するべきだと思い
記事にさせていただいたんですが、ここに来てくださる方は
みんな心優しい方ばかりなんですよねe-446e-266

そらのかぁさん☆

コメントありがとうございますe-266
そうですよね、今はそらちゃんがいますもんねe-446
インコブログに猫の事を…って思ったんですが
意外と猫を飼われていた方が多くてビックリでした。
私はこのインコブログによく猫の記事を載せてしまうんですが
実は一度も飼った事はないんです。
リュウタも襲われているくらいなんですが…e-350
でも、命の重さは同じだと思い書かせていただいていますe-348

そらちゃんの水道水、大丈夫そうで安心しましたe-78e-266

No title

いい笑顔の猫ちゃん!
命は尊いもの。小さい頃から沢山の動物たちを飼ってきた母に教えられた言葉です。
「動物は言葉で言えないのだから人が気づいてあげなくちゃね」とも教わりました
そのおかげか私も妹ももっぱら保護しては元気になったら野生に帰れるものは自然に帰し、自分の家で飼ってあげれないものは里親探しをしています(もちろんその前に飼い主さん探ししますが)
ネコちゃんの虐待の疑いありの件では
妹から聞いた話を思い出してしまいました
以前妹は自分の車の前に飼い主からポンとほおり出されたワンコちゃんを轢かないように自分の車を中央分離帯に乗り上げさせてワンコちゃんを守ったら ほおり出した飼い主が「あはははは!あぶないっしょー轢かれなかったねえー」と・・・
妹は「命をなんだと思ってるの?!」と激怒したそうですが飼い主は悪びれもせず笑いながら去っていったそうです
生きとし生けるものには皆命も心もあるのだから
もっと優しい方が増えてくれるといいな
そして幸せな一生を送れるコが増えるといいなと願うばかりです
長文になりすみません!



ほりーちぎつねさん☆

コメントありがとうございますe-266
ん~、この話を聞いてとても悲しくなり胸が苦しいですね。
命の重さをもっと知るべきだと思います。
そういう事する人は、きっと弱い人間なんですよ!
いつか自分の身に何かの形で返ってくると思います。
許せません!!

お母さんはとても素敵な人ですねe-446
当たり前の事なのにみんな分からないんですよね…。
ほりーちぎつねさんの優しさ、動物好きはお母さん譲りなんですね☆

ほりーちぎつねさんの優しさにとても感動しましたe-266
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

moko

Author:moko
13年間を過ごしたリュウタが虹の橋を渡りました。

今ではジュジュ、ヴェルをお迎えし新しい生活が始まりました。
このブログではジュジュヴェルとの生活、リュウタから学んだセキセイインコの飼い方を紹介していきたいと思います。
鳥好きの方、一緒にお話しませんか☆

リュウタは私に幸せを運んできてきてくれた青い鳥です。

そして、新しく家族になった
パピヨン・シェルとの生活も紹介していきます。

メンバー紹介
      おデ~ブちゃんな男の子『ジュジュ』(2010年4月15日お迎え) 070102_233728_convert_20110209095435.jpg       男の子より全然強い女の子『ヴェル』 (2010年4月15日お迎え) 070104_013506_convert_20110209095921.jpg       ゆずぽんこと『ゆず』まだまだハゲちょびんが残る女の子(2010年7月7日お迎え ぽんずと兄弟) 070103_213035_convert_20110209101149.jpg      お空から迷いこんできた男の子『きーちゃん』                 (2010年10月14日お迎え) 1103_convert_20110209095019.jpg       里親募集で出逢ったパピヨン・男の子『シェル』 (2010年5月30日お迎え) シェルはフランス語で空。 シェルの笑顔が空のようにいつまでも続きますように。 091122_121300_convert_20100618155733.jpg       お庭でリュウタを見守ってくれている女の子『ハナ』(2009年11月23日お迎え) 090521_085147_convert_20110209100549.jpg       青空を見ると思い出すよ。 いつも心に『リュウタ』 (2010年2月25日 虹の橋へ) 13年間一緒に過ごしてくれてありがとう。 大好きな大好きなリュウタ。 966_convert_20110209100439.jpg      ゆずぽんこと『ぽんず』(2011年1月7日 虹の橋へ ゆずと兄弟)      たった6ヵ月の小さな命だったけど存在はとても大きかった。うちに来てくれてありがとう。         大好きな大好きなぽんちゃん。
最新記事
最新コメント
365カレンダー
いつでも里親募集中
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
関連ワード
スポンサー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。